成長し続ける街

家の模型

京田辺市は、京都府の南部に位置する人口約7万人の都市である。以前は「田辺町」であったが、人口増加にともない1997年4月1日に市制に移行し「京田辺市」となった。交通の便が良い街として有名であり、京都市営地下鉄は近鉄京都線に乗り入れ新田辺駅まで通っている。その他にもJR奈良線京田辺駅とJR学研都市線松井山手駅は特に栄えている。これらを利用すると関西方面へのアクセスが便利で、ベッドタウンとして不動産取得を図るために定住者が増えているのだ。京田辺市の現在の平均坪単価は約37万円となっている。街並みもきれいに整備されており、環境の良い住みやすい街となっていることが魅力ともなっている。また松井山手駅周辺には北陸新幹線の単独駅設置も検討されており、実現すれば更なる開発も見込まれる。そして新たな産業が生まれる可能性もあり、その動向にも注目が集まっている。このように京田辺市はまだまだ発展する可能性が大いにある魅力的な街である。今の時期から不動産を取得しておくことで、将来的な資産価値も生まれるだろう。特に子育て世代には検討するにふさわしい街である。不動産といっても分譲住宅だけでなく、土地を購入し注文住宅を建てるという手段もあるので、その点は予算に応じて検討するといい。不動産会社も多数存在しているため、予算や希望を汲み取ってくれる不動産会社に依頼するようにしよう。またはじめに不動産会社のホームページを見て検討するのもいいが、なるべく自分の足で現地に行って見たほうが、しっかりとした情報も得られるだろう。